読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

逃げ恥

凄まじい破壊力である。シナリオだけ見れば、荒唐無稽だと言って良いかもしれない。コンセプトとしては、「大人に中高生な恋をさせる」ということなのかな、と思う。ほとんど「耳をすませば」に近いようなノリだし。「めぞん一刻」よりはだいぶ子どもっぽいし。

 

そもそも、あれだけお互いに印象の良い男女が、あんな風になるわけがない。おかしい。どう考えてもおかしい。契約結婚てなんだ。ハグの日ってなんやねん。なんでそこでひくねん、あほかっちゅーねん。

 

僕は、ドラマだろうが映画だろうが、制作側の背景やテクニックを勘ぐってしまうタイプであり、そんな僕とは何もみたくない、という人はいる(e.g. 奥さん)。そんな僕に、「こ、こんなツッコミはどうでも良いな」、と思わせる、ガッキー。恋ダンス。ガッキー(と星野源)が、全ての問題を吹き飛ばしている。

 

凄まじい破壊力だ。