読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

文章を書く

僕は文章を書くことがすごく好きで、論文を書くのも好きだ。好きだからといって必ずしも楽しい、というわけではなく、どちらかといえば、書いている時はしんどい。かなりの時間を、どう書くかを考え、実際に書いてみる、ということに使っている一方で、これで納得だ、完成だ、満足だ、という気持ちが1週間以上続くような文章を書けたことはないように思う。それはひとえに、1週間経てば頭の中はだいぶ変わっているからで、1週間前の文章を見たら、ここはこうした方がいいんじゃないか、とか、この単語これでいいのか、とか、考えてしまうからだ。

 

満足に至らない理由のもう一つは、自分よりも文章がうまい人を知っているからだとも思う。生命科学の論文ひとつとっても、いやあ、すごいなあ、うまいなあ、と思う文章は結構あって、全力を費やし続けてもそういう文章を書けるだろうか、という感じだ。科学論文の場合、一番大事なのはもちろんデータだけれど、どう解釈し、どう表現するか、というところが大事でないわけはない。

 

それでも、書いた文章をいつまでも塩漬けにするわけにもいかないことが多いので、あるところでえいやっ!っと外に出すことになる。書いている時はおそらく結構偏執的な感じになり続けていると思う。道筋さえ整えばパタパタと書けるよ、という話を聞くと、そういう状態がまったく想像できないので、ウヒョー、すごいなあ、と思う。いつか、「よし、これで満足だ」と思える時が来るのかなあ。