読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

最初のn

一番無邪気に最初の発見を喜べるのは、最初のnのときなんじゃないかという気がする。最初のnで「なるほどこういうことか?」と思ってからの実験は、どうしても確認的な意味合いが強くなり、再現性が取れれば「ほっ」。取れなければ、一気に、「どういうことやねん」と考えることになる。「ウッヒョー、本当に!?」と騒げるのは、やっぱり最初なんだよなあ。たとえその半分以上が後で何かの理由でダメになるとしても、最初は全力で喜んでおかないと、後でタイミングがなくなってしまうわけで。。。ブツブツ。。。