読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

フツイマの進化生物学

ひょんなことから手に入れた。学部生時代、すごく進化生物学が好きで、いろんな本を読んだんだけど、高くて手が出なかった。今読んだら何か新しい発見があるかもしれない。

 

というわけで、僕は以前からマクロな現象が好きだったんだと思う。保全生態学とかもよく読んだ。島嶼生物学とか。学部であった専攻のパーティで、生態学をやりたい、と生態学のラボの人に言ったら、「生態学は紙とペンがあればできたりするけど、モレキュラーバイオロジーは設備とお金がないとできないから、そっちも考えてみたら」みたいなことを言われて、ふうむ、そうか、と思った。そのあと、モレキュラーバイオロジーの学生実験で、のちの指導教官の先生が面白くて、そっちに進んでみることにしたんだった。そのあといろんな流れで結構ミクロな方向に進んだけど、少しずつマクロな方向にきていて、しかも、ミクロな視点が役立っている。人生面白いなあ。生態学の先生たちは元気なのかな。