読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

どこまでもポジティブなプリキュア

いまのシリーズのプリキュア、最終回が近いらしい。ラスボスらしき男と主役らしきプリキュアの会話がかみあってなくて、なかなか面白かった。つまり、愛は無力だ!と主張するラスボスに対し、プリキュアは愛の力は無限だ、と真逆の主張。お互い経験談に基づいているらしい。お互いの、愛、が同じものを指しているかさえ不明な状況での、このすれ違いっぷり。そろそろ地球にどでかい惑星がぶつかりそうな状況での、このすれ違いっぷりだ。恐ろしいのは、こういう状況は現実にいくらでもあるということで、おそらくプリキュアのスタッフはそれを教えたいんだな(違う)。