読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

どうして40秒なの、金曜日

金曜ロードショーはラピュタだったらしい。何回見たか覚えてないくらい見たし、多くの同年代の方々がそうだと思うけど、それでいてあの盛り上がりだ。すごいなあ。ああいう論文を(略

 

ラピュタといえば、すぐに思い出すのが、海賊ばあさんの「40秒で支度しな」と(確か)「僕とシータを縛って」である。なぜ40秒というのが出てきたのかが気になってしょうがない。何を書いても水掛け論なので、書かない。そういう、謎の時間縛りは実験にもよくあるよね。前いたラボで、常識的に人々が最低6時間とか、多くの場合オーバーナイトするところを、何と5分でやった学部生がいた。それでいて従来法と遜色ない効率を示していた。実験の思い込みとか迷信というのは面白い。縛るほうに関しては、このふたりを縛ることによるメリットを全く思いつかない。安全のためであれば船のほうに縛るべきではないのか。でも、僕でも、あのシチュエーションなら、自分を縛るだろうな。

 

今日は金曜日。いろいろやっていたらあっというまに16時。不思議と忙しいという感じはしない。ビオチンをつかった実験をはじめてやっていて、ビーズと混ぜたあとに上清をとって濃度を測ったら、モノが上清から殆ど消えていて感動。すごいぜビオチン。あとは、プラスミドが届いた。これは大事なヤツ。

 

こどもがふたりになったら、いよいよ家で何もできなくなりつつある。が、まあ、いようがいまいが仕事の総量なんてたいして変わらないものだし、この状況を楽しんでいこうと思う。データ解析がたまるいっぽうだが。