読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

そっちが本物でしょ

今週はアホなミスを結構した。週初めから、サンプル調製系の大事な大事な実験をふたつ仕込んだのだけれど、まず、そのすきまをみてやった実験がひどかった。トランスフェクションしてタンパク質サンプルを抽出、SDSバッファと混ぜたあとに95℃に放り込んで、ChIPのwashをはじめてそのまま忘れて帰宅。朝きたら、アグってました。。。試してみるかどうか。あんまり大事ではない実験で良かったけど。

 

今日は調製の最終日で、調製を終え、一部を別のチューブにうつしとって、そこで安心してしまった。そのあとのクオリティチェックで、希釈系列の作り方を間違えた(笑)。結果をみたところでようやく気がついた。レンジが狭すぎて、きちんと定量できなかった。。。

 

さらに、3通りのサンプルがあったのに、結果をみるところで何故か2通りしかない、と思い込んで、「なんだこりゃ〜!めちゃくちゃじゃねえかー!」と壁を蹴っ飛ばしてしまった。それもそのはず、仕込みから合わせて、ン十万円を使った実験だったのだ。蹴飛ばしてしばらく凹んだあとに、そうだよ、3通りだよ、と気がついて、冷静に結果をチェック、ひとつ微妙なのがあったけど、概ねオッケー、という結果になった。ああ良かった。

 

それにしてもまぬけだよなあ、という話を奥さんにしたら、「そっちが本物でしょ」。へえ、そうでごぜえますだ。