読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

あまちゃん耐性、泣くなはらちゃん、地力

日常

あまちゃんも第6週に突入。相変わらず面白いのだが、慣れてきた自分がいる。どんな感じで、こう、おっ、っていうのが入ってくるのか、楽しみだ。潜水土木課の先生が人気があるらしいが、僕は、ギャグのキャラがかぶるので嫌いだ。どうでも良いけど、南部ダイバーという歌の歌い方は、クレヨンしんちゃん高校の校歌の歌い方と一緒。

 

ぼんやり横目でみている泣くなはらちゃん、実は結構面白い。ファンタジー調でいて、メッセージがある。そして、主演の麻生久美子が雰囲気があって良い気がする。いま書いて気がついた。何かおかしいと思っていたら、麻木久仁子と勘違いしていた。不倫してたひと、こんな顔だったっけなあ、と不思議に思っていたのだ。あはは。

 

勉強が楽しすぎる。今日の所内セミナはかなり良かったらしい(逃した)。話をきいて、若干の焦燥感を覚えた。僕は楽しいから研究をしているんだけれど、それだけではダメだ。最近思うんだけど、聡明なひとびとは、話している相手の能力なんてすぐに見抜くはずだ。昔コメットさんにも言われたけど、上っ面の何かだけでは、一瞬で丸裸にされる。念仏のように書き続けていることだが、とにかく、地力。そういうこともひっくるめて、楽しい(少なくとも今は(笑))。