読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

うえを向いて歩こう

最近、ふとしたきっかけで、いろいろなことを思い出したので書き留めておく。

 

僕は中学時代はバスケ部だった。いまは腹の出たおっさんだけど、意外なことに副キャプテンだった。入部したころは、とにかくレギュラーになりたくて、必死に練習した。先輩たちにもしごかれた。で、いつしかレギュラーになって、試合に出ること自体は当たり前になった。市内では負けたことがなかったように記憶している。しかし、三つの市の優勝校が集まった三市部の大会では、一勝もできなかった。しかし、市内があったので、レギュラーになった時点で、貪欲さを失った。バスケ部の顧問の先生に言われたことはいくつも覚えているが、満足してしまったら成長は止まるのだ、ということをよく言われた。

 

類似のことはほんとうによく起こる。要約すると、最初は必死→慣れてくる→そこそこまでいくと満足して努力することをやめる→成長がとまる、だ。人間えてして自分に甘いものなので、カラに閉じこもって、自分を護るのはとても簡単なのだ。

 

さて、僕の場合、自分を護るときに何をしているだろうか。そう、下を見るのである。自分よりもできていない、と思われることを探して、下と比べて自分はイケている、悪くない、と判断する。そういう精神状態のときは、えてして、自分にとても甘くなる。特に、下に優しくなる。これまたバスケ部の先生の言葉だが、彼は、試合中に負けているときに、「ドンマイ」と言うな、と言っていた。「お前らのドンマイは、「ドンマイ、俺はお前を許してやるから、次俺がミスっても許してくれ」にきこえるんだよ」、と何度も言われた。そうやって、実質的には皆で足を引っ張り合って、カラを形成して、集団として沈殿する、というのが、ある種の、落っこちパターンのひとつだ。

 

いまのところ、僕の人生において、僕がいちばん長く付き合っている対象は研究だ。その研究に関しても、少しカラを作れば、自分はイケている、と思うことができる。ひとところにとどまれば、古株的何かにはなれる。それはとても簡単だ。探せば、下だってたくさんいる。

 

だので、僕は、積極的に「上」を探すようにしている。幸いにも、ネット全盛だ。ひととひととの距離は、もう、ないみたいなもんなのである。生物学という分野に限らず、近しい立場のひと(例えば年齢)で、既にsomebodyになっているひとはいくらでもいる。そんな感じで、自分の中に集団を思い浮かべたときに、自分がドンケツにいるような集団を思い描いて、自分を評価する。そういうときは、何日か前に書いたみたいに、「いけてないわ、自分」と本気で思ってしまうのだが、芯の芯では、「自分はすごくなれる」と信じているので、大きな問題にはならない。決して、自分を卑下しているわけではない。

 

とまあ、このことは、能動的にやらないと、自然、楽なほうに流れてしまうので、結構意識的にやっている。今日よりは明日、明日よりは明後日、どんどんbetterになっていかないと、ひとかどのサイエンティストにはなれない。うえを向いて、努力あるのみだ。自分とは同じレンジで比較できないくらいにすごいひとがいたとしても、自分が頑張らない理由には、決してならないのだ。