読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

Cancer meetingはじまる、至適化、ボスとの関係

一時間後にcancer meetingがはじまる。1年前に比べて、話すことも多いし、耳学問でだいぶcancer系のお話に慣れてきたので、今回は結構楽しめそうだ。僕はこのあいだ論文に出した&ASHでトークしたストーリーのポスターを出す。しつこいけど、メインプロジェクトではない。ポスターは、ファイルをファシリティに送るだけで、印刷してくれた。

 

地道に条件の至適化を測っている。例えば、量依存性を確認して、自分がリニアなレンジにいることを確認する。同じことだけど、マイナス方向への反応を見たいときは、抑制が測定限界を下回っていないことを確認する。結構良い感じで、毎日条件検討の進展がある。いくつかの実験系で同じことをして、地道に地道にやっているのだけれど、その甲斐あってか、ボスが少し観察を信じはじめたかな。もっともっとコントロールを加える予定。こういうのは、vitro labでかなり訓練されたので、耐性がある。与えられた境界条件で何をどこまで言えるか分かってさえいれば良いんだけど、それができていない研究って、予想以上に多い。このペースでちまちま条件検討して、心配な可能性をつぶしていきますかね。

 

最近、ボスと会話をしていると、まわりのひとが必ず笑い出す。殆ど冗談を飛ばしているので、make senseだ(笑)。こないだもいきなりやってきて、「ヘイちゃーりー、今週ディスカッションキャンセルして悪かったな、怒った?」ときいてきた。書き物で忙しいらしくて、そうなった。「いやあ、メールをもらったとき、PCのまえでガッツポーズしたよ」と正直に答えた。すると、「よくオフィスに来るから、俺なしじゃ1週間もたないと思ってたけど」と反撃。「何を言っているのか。。。行かないとあんたが寂しがると思って、時間を見つけて一生懸命オフィスに行くようにしているんだよ」とこちらもやり返した。ボス、ため息(笑)。今日も、ウェスタンのフィルムをながめていたら、「おい皆きてみろ!ちゃーりーがウェスタンしてるぞ!ウェスタンなんてできたっけか!?フィルムの読み方知ってるか?ちゃんとタンパク質を流したか?」とか。。。最近いつもそんな感じで、で、研究の話になるとひたすらに白熱する。まあ、健全ですよね。ふと思い返してみると、前のメンターの先生との関係に似てきたかな。