読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

再現性、花咲いて鳥歌う、数学(追記)

研究

うまくいきはじめている実験、再現性もばっちりだ。クソChIP-PCRとは雲泥の差。確認していくべきことはたくさんあるんだけど、ゆっくりぼちぼちやってこう。しばらくかかりきりだろうけど、コンストラクションとかがめんどいだけで、アッセイは簡単かつrobustなのだ。データのなかで(細かいけど)不思議だなー、と思ったことに説明がつきつつあって、これもまた嬉しい。一見weirdで片付けてしまいがちなことでも、メッセージが隠されているものだ。

 

どんどん春らしくなってきている。雰囲気が素晴らしい。桜もきれいだし、鳥も賑やかだ。花が咲くのは次代を残すためだし、鳥が鳴くのはカノジョをみつけるためだ。それを美しい、と、彼らではない僕が思うのが面白い。

 

そんなに得意ではなかったけど、数学が好きだった。センター試験みたいなのはすごく苦手だけど、2ページまるまる記述しても良い、みたいな問題が好きだった。曖昧きわまりない生物の世界にいるだけに、圧倒的に厳密でいられる数学への憧れは尽きない。