読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

365日

今日でちょうど、家族3人でJFKに降り立ってから365日めだ。何となく節目感がある。1年以内にCSHLを出てしまうと、ラボ負担分の引っ越し費用を返さないといけない、というルールがあって、最初期、もういつでも帰りたい、と思っていた頃は、この事態を避けるためにとにかく1年頑張ろう、という低い目標をたてたものだった。

 

来て3日はハイテンションだったが、諸々の理由ですぐにしんどい時期が訪れた。Facebookではいろんな方々に励ましをいただいたし、何より、家族が一緒だったので、何とか頑張らねば、という気になった。その家族が夏にひとり増える、というのはとても良いニュース。サイエンスとしては、ラボでは誰もやっていなかったことをいろいろ言われつつもはじめて、曲がりなりにもどうにか軌道に乗せ、論文化も見えてきた。以下、月毎に覚えていることを何となく書き出してみる(結構あやふやな記憶だけど)。

 

3月: 22日に学位を取得して、29日にシンガポール航空ロス経由でVirgin America、アメリカ時間29日深夜にJFKに降り立つ。ハイヤーでラボに行くも、真っ暗でオルニーが見つからない。どうにか3amくらいに着くも、ドライヤーがないとかでげんなりする。些細なことで必要以上にくらった。

 

4月: 到着してすぐにイースター、ボス宅でBBQ、オルニーでねずみ出現、FacebookSkype、そしてEMSのありがたみを知る。3日めくらいにH&Yに連れて行ってもらって感涙。渡米直前に投稿したNAR論文がハードリバイズ。かなりすぐ実験を開始。

 

5月: 目に見えて痩せ始める(結局10kg落ちた)。おもしろげなフェノタイプを見つける。家探しでリンダといろんなところをまわる。IKEAとかに行きまくる、大学の後輩が来たり、Thesis commiteeの先生に偶然会ったのもこのあたり?

 

6月:オルニーを出てオイスターベイに引っ越す。オイスターベイを気に入って、少しずつ生活が落ち着いてくる。

 

7月: 慣れてきたかなと思いきや、いろいろあってまた痩せる(うどんばっかり食べてた)、ラボで新しい実験系を立ち上げる、バスケを結構したような記憶あり、イタリアンフェスティバルとかはこのあたり?

 

8月: 新しい系で結構大事なデータが出る。日本から母が来た。食欲低。

 

9月: 日本からお義父さんが来る。奥さんの友達も。8月のデータに基づいてはじめたgenetics系の実験がぽんぽんうまくいきはじめる。所内セミナでトーク(こうしてみると早い)。前の分野でのメソッドレビューを投稿。

 

10月: 実験的にはもう分からないことがない感じになってきて、実験の効率が飛躍的に向上、生活にも相当慣れた。月末にSandyが直撃。家族でラボのドーランに避難して、大過なくやり過ごす。ハロウィンとかオイスターフェスティバルは楽しかった

 

11月: めっちゃ大事なデータが出て、このプロジェクトいけているかも、と信じ始める。そのデータに基づいて組んだgenetics系の実験も割と良い打率で進む。目に見えて太り始める。

 

12月: クリスマスシーズンで町の雰囲気がすごい良い感じだった。実験はどんどん進んだ(特に2ndスクリーニング)。中旬くらいにAmerican Society of Hematologyでトーク@アトランタ。第二子ができたことを知る。だらだらと(すみません)リバイズしていたNAR論文がとうとうアクセプトされる。

 

1月: 普通に年越し。所内セミナでトーク、もう論文書けよ、なんて言われる。少しロングターム調の実験をどんどんしかける。このラボ発のco-1stの論文がPNASにアクセプトされる。新しくセットアップした実験系が貢献してくれた。

 

2月: データがぼんぼん出始めるも、genetics系の実験で忙しくて、ぱっと見て以降なかなか解析の時間が取れなかった。この時期はあんまり楽しいイベントがないことを知る。雪にびっくり、co-1st論文に関するpiRNAインフォを結構やった(~3月)。

 

3月: 解析をちゃんとやって、面白いことをたくさん見つけ、このプロジェクトは面白い、ということをもっと信じはじめる。上旬にgenetics系の実験に一段落がついたことにして、手持ちの役者たちで掘り下げ系の実験に移行することを決める。最近やっとそっちのペースに慣れてきた。いまはドライ&ウェット、フィフティフィフティというところ。

 

***

あっという間の1年目だったけど、良い経験が出来ていると思う。piRNAのほうの積み残しももう殆どないし、新しい分野でのクレジットも出始めたし。しかしついぞ、ニューヨークシティには行かなかった。。。次の1年もこういう感じで、楽しみつつ、PIになって自分で面白いサイエンスをすることを目指して、精進したい。夏に第二子の顔を見るのがとても楽しみ!