読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

アリとの戦い7、車問題、実験、論文、ノンカノ

研究 日常

アリは目に見えて減った。地道な退治と、奥さんのテープはり、そして毒入り餌が功を奏したか。ここ数日なぞなところに出ていたのは、穴を塞がれて帰れなくなったアリたちだったのかもしれない。時を同じくしてHunterXHunterのキメラアント編をみて、こんなん出なくて良かった、とアホなことを考えた。

 

いろいろおかしい僕の車だが、最近は、坂道に低速で侵入したときにスピードがあがりにくくなる問題がある。苦手なスポットはコーヴロードから25Aに左折で入るところと(すぐに坂)、ラボのヒルサイドパーキングに行く急な坂道だ。坂道の傾斜はいろは坂よりもあるかもしれないくらい。調べると、燃料フィルタとか、車専門な友人曰く、トルクコンバータとかが怪しいかも、ということ。トランスミッションは問題ない、って前に言われたんだよね。

 

実験のことを考えている。昨日の結果を受けて、可能かつ大事な実験がぽぽぽぽーんと出てきた。つくってきた材料と組み合わせれば、結構踏み込んだ議論ができるような実験系になるかもしれない。それに加えて、僕がgenetics的に、gene expression的に、そしてChIP-seq的に見つけたことがほんとうに起こっている可能性が限りなく高い、というサポートになったのも嬉しかったのかな。抗体問題もほぼ解決したし、悪くない状況だ。

 

僕は周囲に比べてあんまり論文を(ちゃんと)読まないと思う。。。それはPh.Dのときからそう(オイオイ)。自分から離れた分野の論文は読んだりするし、教科書的なものをぱらぱらめくることはあるんだけど。ただ無精、というのがかなり大きな理由のひとつだけど、たぶん、論文を読んで、面白い!って思ったことがあまりないからなんだと思う(面白い!と思った論文いくつあるかなあ)。論文を読むのは、自分のやっていることや思いついたこと(こっちのほうが多い)がどのくらい新しいかを知るため、という感じで、「勉強」の意味で読むことがないのかな。そもそも行き当たりばったりなところがあるし。ボスには、どこどこのだれだれがどういうことをしたんだ、っていうのを知っていることはサイエンティフィックな会話を成立させるうえで大事だよ、と諭されまくっていて、そうだなあ、と思っているんだけど、なかなか読まない僕なのでした。。。必要最小限。

 

学生に、ちゃーりーは論文をたくさん読んでいるんでしょ?って聞かれて、読んでないよ、って言ったら、じゃあ何でそんなにアイデアとか考察がぽんぽん出てくるんだ、って言うから、論文読んでないからじゃないかな、って言ったら、ボスがきて、don't listen to him。でも、論文のなかで言及されている定義されたquestionをスタートにしたら、僕的に驚くような研究はできないと思う、っていうのはほんとのところだ。あと、その学生は、僕の考えたことの数%しか成功していないという事実をよく認識していない(笑)。

 

***

コメットさんがnon-canonicalをノンカノ、canonicalをカノ、って書いていて連想。モトカノパスウェイ、イマカノパスウェイ。っていうか、(non-)canonicalという言葉は研究の世界でよく見るけど、僕はいつも混乱する。