読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

また雪だ、一歩前進

また雪だ。あっというまに積もった。季節はずれなのか季節通りなのかよく分からない。冬は嫌いじゃなかったけど、春を目の前にしてのこの焦らしは、確かに結構きついかも。

 

プラスミドDNAどうにかしてコンタミしちゃった仮説を支持するデータ出る。少し安心。別に実験を走らせているので、注意深くチェックしなければ。ある一群の実験のvariationがでかすぎてげんなりしている。ウデが悪いんかなあ。かなりキッチリやっているつもりなので、果たしてどうやって対処したものか。うーん。こういうときは、仲野先生的に、「とにかく毎日やってみる」ことにする。

 

解析も結構やっていて、それなりに忙しい。ボスは大切なグラントがとれて、僕もフェローシップがあるし、ボスから「いそげ」ムードは全く感じなくなった。今日の議論では言うに事欠いて「これはオレのプロジェクトじゃないからね〜!」みたいなことを言っていた。ボスは僕がやっていることを続けるという気はあまりないようで、結構前から、持ってけ、と言ってくる。この点、良いボスだなあと思うのであった。