読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

体力低下、所内セミナ、準備のみ

研究

今日のコールドスプリングハーバーは雨。下降気味の天気と呼応するように、著しく体力低下中。喘息ちゃん、そろそろ勘弁しておくれ。

 

朝はFACSをして、さらに細胞にウイルスを感染させていく。このタイプの実験のリピートはいっきにとるようにしている。なぜなら、どんどん実験を終わらせていかないと、メンテナンスすべき細胞の数がどんどん増えていくから。。。

 

所内セミナはいまいち面白くなくて、ちょっと疲れてしまった。大きな表現型から入るときに、どうやって「問題の組織」を見つけるのかってすごく難しいよなあと思った。相当もっともらしい答えを見つけない限りは、他の可能性を排除することさえ難しそう。元ラボでもやっているはずだけど、行動異常なんか特にそうだ。今日のは直球で脳にいってたけど、鼻がいかれたとか目がいかれたとか、そういうのじゃない、ってどうやったら証明できるんだろう?でも最終的には脳にいくのかな?接続だけがいかれることは可能?全然分からん。

 

終わったあとやけに疲れてしまって、やる気がなくなったので、ボスとミーティング(展開がおかしい?)。いろいろ盛り上がったが、とにかく、感じているポイントが結構違うことが面白い。ボスとの興味は、こういう感じでずれているほうがやりやすい、といつも思う。あるデータに関してハイタッチをかまされたが、あまり痛くなかった。どのくらい痛いかが彼の興奮具合を示すという分かり易い指標。

 

実験は軽め、と思ったが、別に軽くはなかった。明日以降のための準備をたくさんした。クロスリンクとかいろいろ。ウェスタンは混んでたのでゲルだけつくった。今週来週でひと区切りつけたいところだ。確実にどこかで、インフォマティクスモードになる必要があるなあ。