読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃーりーの「どっからでもかかってきなさい」

ジャイアンだとしても、映画版です

ちょっとだけ分かってきた

僕はサイエンスは楽しい、と思っていたふしがあって、メンターに、そんなわけあるか、と言われていたんだけど、最近、実感として、ちょっとだけわかってきたような気がする。確かに、サイエンスが好きではあるけど、楽しくはないというか、楽しむような余裕…

もう5月

あっという間にもう5月。 相変わらず論文、論文な状況なのだが、その次の一手でいかに有効手をうつか、ということで多少難渋している。現象としては確定していても、見ているフィールドが広いと、どこが本質なのかを見極めるのが難しい。

青天の霹靂

最近、私生活の方で青天の霹靂的なことがあり、本当に驚いたし、冷や汗をかいたし、まだ解決はしていない。でも、不幸中の幸い、という流れになりつつあるし、そういう気持ちで前向きに対処していきたい。 このことがあって、やっぱりちょっと頭が回らなくな…

論文発表

現所属になってグループを持ってからちょうど3年、一つ目の論文を発表することができました。"Remote reprogramming of hepatic circadian transcriptome by breast cancer"という内容です。 研究の流れとして、重要な位置付けにくる論文になるだろう、と思…

ビビッとビジョン

昔からよく、ビビッとビジョンが浮かぶことがある。自分の未来が見えるような感覚で、良いことに対しても、悪いことに対しても、ある。そうやって浮かんだイメージは実現することがとても多くて、僕はこれを、説明のつかない何かだと思っていた。ビジョン、(…

逃げ恥

凄まじい破壊力である。シナリオだけ見れば、荒唐無稽だと言って良いかもしれない。コンセプトとしては、「大人に中高生な恋をさせる」ということなのかな、と思う。ほとんど「耳をすませば」に近いようなノリだし。「めぞん一刻」よりはだいぶ子どもっぽい…

オープンハウス

目下進行中のプロジェクトの概要について、たくさんのひとと話せた。話はどんどんわかりやすくなっている。がんばろう。

ううむ

なにかが増えたり減ったりしたとき、それをどう解釈するのか。それが難しい。インプットの違いなのか、アウトプットか。両方なのか。

忙しい

色々出ていて、並行して処理するのが難しくなってきた。解析、というか解釈が追いつかないといけないのだが、深く潜りこんで解釈するには、当然ながら深く集中する必要がある。驀進するのみ。

自転車

論文と長女さんの自転車練習を交互にやるような週末だった。補助輪なしの練習。外に出やすくなったので、このあいだ買ってあげた次第。 漕ぎだしたら迷うな!ひたすら前にすすめ!下を向くな!転んだって死にゃしない、恐がってどうする!なんてえらそうなこ…

偏頭痛

この季節、偏頭痛が本当にひどい。どうしたもんかなあ。 いろいろ佳境だが、がんばろう。

技術革新

すさまじい勢いで技術革新が起こり続ける今だからこそ、本質的な問いにシンプルに問いかけるようなアプローチも大事だとおもう。

中古戸建のすすめ

最近中古の戸建を購入して、引っ越した。そのとき、いろんなことを考えたので、書き留めておく。もちろん僕はこんなの素人だけど、いろいろな意見(特に血縁者...)、情報をまとめて考えたことなので、そこそこいけているはずだと思う。一番重要だと思ったのは…

こどもたち

こどもたちは天才だと思う。ほとんど先入観なく状況を読み取り、とてもユニークな考え方をする。こどもたちに、「これってどう思う?」と聞くと、だいたい面白い(≒自分が最初には考えない)ことを言う。だから、「エボシ様が良い人なのか悪い人なのかっていう…

久々

気がついたら1か月以上の時間が経っていた。そうこうしているうちに次女さんは3歳に。

ルーズヴェルト・ゲーム

こどもたちと図書館にいったときに借りた。スパッとした日本語で、読みやすい。ストーリーもわかりやすくて、一気に読んだ。勝敗を分けたのは、たしかな技術力という正攻法、それを貫く粘り、チャンスを逃さない観察。染みる。はて、ドラマをやっていたよう…

続ける

最近ちょいちょい走るんだけど(いつまで続くか)、走っている時に実感することがある。それは、「走りきる」ことが可能なペースで走りながら、「昨日よりすこし早いペース」で走りきることを目指す、というのは、わりと何にでも応用できる、ということ。 例え…

さてさて

昨日は久しぶりにサッカー。というのも、サッカーをやる曜日に雨が降ること3週連続だったのである。せっかくスポーツウェアを買ったのに、と歯がゆかったんだけど、昨日はカラリと晴れて、とても気持ちよいスポーツ日和だった。 ここ数回、どうしてこんなに…

ワイルズ

時たま書いているけど、「フェルマーの最終定理」、やっぱり面白い。証明にとりかかったワイルズは、フェルマーの最終定理に直接関係のない研究からは一切手を引き、会議なんかにも出なくなったらしい。そんなワイルズが曰く、大事なのは、どれだけ考え抜け…

合唱

たまにやりたくなる。無性に。ひとつだけオンステするなら、ブラームスのドイツレクイエムがいいなあ。

データのクオリティ

当たり前だけど、データのクオリティが高ければ高いほど、きちんとした議論ができる。そういうクオリティのデータをいつもとれるひとは、つよい。

慣習

僕は慣習みたいなものに疎くて、しかも、基本的に部外者的な立場にある。実際、オリジナルのスクリプトを使って論文を書いたら、慣習通りこのソフトを使えやコラァ、とレビュワーに言われたことがある笑。慣習はもちろん大事なんだけど、科学的に適切なプロ…

練れば練るほど

良い批判にこたえることは、自分の考えをブラッシュアップすることにとてもよく役立つ。

花見の穴場スポット

桜のお花見の穴場スポットを見つけた気がする。かなり見頃でたくさんあるのに、なんであんなに空いてるんだ?という感じ。桜の花のつけ方を多分初めてじっくり見たけど、何かに似ていて気持ち悪いような。。。 最近不眠気味。午前2時とかを過ぎるとさすがに…

ギャンブル

僕はギャンブルはやらないけど、ダメなギャンブラーの性質についてはすっきりと理解できる。何かの本に書いてあった、「勝っているときはちびちび、負け出すとカッとなってドバッと」というやつ。教訓的だわ。

できることとできないこと

が、ある、ということを改めて認識させられることがある。例えば、抜け出したFWになんとか追いついたところで切り返されてもついていく、とかね。。。

文章を書く

僕は文章を書くことがすごく好きで、論文を書くのも好きだ。好きだからといって必ずしも楽しい、というわけではなく、どちらかといえば、書いている時はしんどい。かなりの時間を、どう書くかを考え、実際に書いてみる、ということに使っている一方で、これ…

じわじわ

徳川7000の軍勢を真田2000が追い払うことができたのは、地の利や人材をフルに活用した、工夫満載の作戦がうまく機能したからだ。僕らのような駆け出しのチームは、やはりそうやって進んでいく必要があると思う。

上田合戦

真田丸、すごかったなー。あんなんやられたら、ちょっと太刀打ちできないよね。攻めなくて良いなら良いけど。。。

アート

奥深いわ。

3年目

まああんまり大事なことではないけど、3年目がスタート。がんばるぞー。桜があるからなのか、やっぱり、年度を意識しやすいなあ。

クラクラ山ごもり

ちょっと山ごもりしすぎて、脳内に産業廃棄物がたまってきたかもしれない。早く処理しないと笑。なんかすごい胃が痛いぞ。

書きやすい論文

これまでに幾つか論文を書いてきたけど、すごく書きにくかった論文から、めちゃくちゃ書きやすい論文まで、いろいろあった。主張や押しポイントがはっきりしている論文は書きやすい、というのは当たり前で、この点は、その論文の良さを測ることのできる点の…

真田サークル

いやー、面白いな。小国(?)が智略のかぎりを尽くして大国とあらそう。かっこいい。 今日は近所の砂場で、2-10歳くらいの子どもたち7人に混じって泥遊びをした。よく考えたら、親によっては泥遊び嫌いだから、帰宅して怒られた子たちがいたかもね。。。

感覚

僕はある程度自分の感覚を信じていて、あえて感覚を信じてみたりすることがある。その感覚っていうのはつまり、「何か見逃しているのではないか」とか、「出した結論がすっきりこない」とか、そういうこと。フェルマーの最終定理を証明したワイルズは、紙の…

最初のn

一番無邪気に最初の発見を喜べるのは、最初のnのときなんじゃないかという気がする。最初のnで「なるほどこういうことか?」と思ってからの実験は、どうしても確認的な意味合いが強くなり、再現性が取れれば「ほっ」。取れなければ、一気に、「どういうこと…

山ごもり

昔の人たちがなぜ、「修行」の名の下に山ごもりなんかをしたのか。奈良の山に囲まれて暮らしているからか(というのは冗談としても)、最近、この問いに対するざっくりとした答えがわかってきたような気がする。自分があと何年生きるかは分からないけど、どれ…

ピアノの発表会

今日は長女さんのピアノの発表会だった。近所の先生に週一で習っていて、せっかくだから出てみたら、ということで。随分緊張しているかと思いきや、直前に爆睡していて、大したもんだ、と思った次第。なかなか立派に弾ききって、親バカ的にも満足。いつまで…

僕の妻と結婚してください

再放送最終回を、一週遅れでみた。いやはや、冗談みたいな設定だけど、全話通してメッセージは明確だった。ぼくは死ぬ時どんなかなあ。メッセージといえば、朝ドラは、もう伝えたいことが残っていないのか、単にごちゃごちゃした感じになっているような気が…

スッキリ

一見複雑に見える現象を、ものすごくシンプルな方法でスッキリと理解できた時の興奮はすごい。なるほどなあ。 もうすぐここにきてから丸2年。本格的な実験を始めてから1年10か月。

なかみをみる

りんごだよ、と言われて渡された果物を食べて、みかんの味がしたら、これは実はみかんなんじゃないの、ときっちり疑う。対象そのものときちんと向き合うということは、すごく大事。

夢のある話

夢のある話は楽しい。ちょっと似た話で、理想をきちんと保つことは大事だなあ、とも。ポカミスをなくしたいんだけど、なくならない。理想は保ちつつ、ポカミスがあるだろう、という前提でいないとorzまあでも、誰かが気がついているうちは、いいっちゃあいい…

週末

財団の研究助成金授賞式に出席するために、東京へ。その後弟と合流したら、ものすごいプレゼントをもらってしまった。弟と一緒に実家に帰って、一泊。うちははやくに父を亡くしたから、長い間弟、僕、母、猫で暮らしていた。いろいろ雑談していたら、ふと、…

大脱走

次女さんが大脱走して大変だったらしいいちにち。マンションの地下にエレベーターでおりて、200m先の公園まで行った。事故とかにならなくて良かったけど、本当に2歳?なるほど、自分はこういうことをしていたのか、こういう意味があったのか、と、やってから…

ながれで、ちょろっとまんがの岳を読んだ。触りだけ。山、危なすぎる。でも、見に行ってみたいような気もする。登山かあ。 最近、さらに集中度を高めたくなって、幾つかの具体的な試みを実施した。ほとんど引きこもりみたいな感じだけど、悪くない。

アルプス三大北壁

アイガー、マッターホルン、グランドジョナス。ひょんなことから、アルプス三大北壁とよばれるものを知った。写真をみたら、山というか、たしかに壁。こんなところ登ったら危なすぎるでしょ、と思ったら、何人も亡くなっていた。どうしてそんなに危ないとこ…

ふわふわ

ふわふわについて考えるときがきたかもしれない。

日曜日は真田丸

いつぶりかわからないくらいに大河にはまっている。真田丸、おもしろすぎる。考え尽くしたところに予想外、これぞ醍醐味。

頭の切り替え

うちは、メンバーによってやっていることが結構異なる。それはそれでいいんだけど、頭を素早く切り替えるのが難しかったりする。もっと多岐にわたるようなことでもスパスパ変えられるひともみるから、これもひとえにトレーニングなのかもしれんね。

まだまだ

どんどん面白くなってきたけど、まだまだこれからだ。動悸かな、と思っていたけど、ぜんそく気味なのかもしれない。